Posted by at

2009年12月27日

チャクラティーセミナー終了

本日開催されましたチャクラティーセミナーicon12

20名の方にお集まりいただき、無事終了いたしましたicon12


今回も鹿児島や、山口など県外からお越しいただいた方も多く、感謝しておりますface01


先月東京でこのチャクラティーセミナーを受講して、チャクラティーの素晴らしさをぜひ、生徒さんに伝えたいと思い、

九州で初めてのセミナーを開催することができましたicon64


ご参加いただいた皆様ありがとうございました。




感謝icon97




福岡、天神でオーラソーマ、パステルアートスクールフォー・カラー

  


Posted by フォーカラー at 22:57Comments(0)セミナーレポート

2009年12月26日

B107入荷!!

12月14日にオーラソーマイクイリブリアムボトル107番、大天使ツァフキエルが誕生いたしましたicon97


本日、フォー・カラーにも入荷icon06






本日より、ご注文いただいている皆さまのところへお届けですface02

お待たせいたしましたicon16



福岡、天神でオーラソーマ、パステルアートスクールフォー・カラー
  


Posted by フォーカラー at 10:42Comments(0)商品紹介

2009年12月16日

ボトル誕生!

12月14日にB107番が誕生・・・face02

日本語訳が届きましたので、お知らせいたしますicon97

大天使ツァフキエル
B107 オーパレセントターコイズ/ディープマゼンタ
2009年12月14日午前11時誕生 神聖な女性性のより深い側面
創造全ての水の側面
生命の樹、ビナーに在し
アラリン(Aralin)と呼ばれる天使の階級を司り
アカシック・クロニクルとその神秘の守護者
慈愛の永遠の大海を保ち
直感のより深い側面、ハートの内なる教え
障害を乗り越え、力強さを癒し
真の神の啓示のために、内なる武装の解除への招き
そうであったものの死とミルラによる浄化
「道の脇による」のではなく道そのものになるように求める愛
より深い現実と次元からの、呼びかけと垣間見る一目
個人の個性化が集合体のそれへと拡張し
このボトルを通して彼女は、肉体の寺院に宿るライト・ワーカーたちを保護します





ツァフキエルの誕生のプロセスは、リンダ・タッカーとマイク・ブースがデヴオーラに於いて、ホワイトライオン・オーラソーマ・ワークショップを終了した翌朝に始まりました。イクイリブリアムボトルの誕生のプロセスという点では、今までで最長の体験でした。誕生過程の完了が12月14日であるという理解を受け取ったとき、私たちはこの日が天使アリエル(Ariel)に対応する日であることに気づきました。アリエルの名前は「神のライオン」を意味します。加えて、アリエルの「神聖な神秘の受信者そして啓示者」としての働きは、アカシック・レコードの守護者としてのツァフキエルに関連します。アカシック・レコードは生命の書とも呼ばれ、それぞれの魂の歩みが記されているといわれます。ツァフキエルは、自分が誰であるかという全体性が今生において明らかになるように、私たちに古代と未来の愛と、信頼の神秘へのアクセスを提供します。B106のエネルギーからB107へのエネルギーへと進むにつれて、私たちは、影で満たされていた長いトンネルの終わりに近づいています。個人および人間関係の調和の新しい光が夜明けるとき、私たちは変容された未来の広大さから私たちを招く平和を見つめ始めます。

12月14日がアリエルのハートへの影響に関連する日であるため、アリエルのライオン(イクイリブリアムボトルのB23に対応)とツァフキエルの出現とのつながりは、B107の誕生を通して私たちにやってくるものが、心優しいライオンハートの愛の力と目的であることを示唆します。それは、個人的そして集合的な個性化の過程で私たちをゴールドの存在へ錬金術化する愛といえます。つまりツァフキエルは、私たちが愛の気持ちを愛の目的と献身へと拡大するよう誘います。この拡張した愛は、かつて私たちであった全てが、私たちがなるであろう全てと和解し調和する可能性をもたらす慈愛の大海を保ちます。その愛は、私たちが道の脇によけるのではなく、道そのものになるようにと求めます。その愛は、出来事、出会い、何故どのように行うのかという日常生活で小さきものにエネルギーを与えるだけではなく、私たち個人の個性化を、周囲の人たちの個性化との協調へ、究極的には集合的な地球‐ハート(Earth-Heart)の進化の中にいる全ての人たちへと推進・拡大します。

私たち自身の個性化の旅において、私たちは、内なるスターに耳を傾けるよりもむしろメンタルな分野からしばしば応答します。スターは、私たちが誰であるを気づかせるために「内なる教え」を常に私たちに伝えようとする、私たちのビーイングの輝く本質です。私たちがある方向に進んでいるとき、知性の側面から決定がなされ知覚が理解されると、内なる光が薄暗くなるように思えます。そしてより深いレベルや次元から「呼ばれる」感覚を受けるとき、最初は不安と心配を感じるかもしれません。ツァフキエルのディープマゼンタは、魂がより深いところで確認を求めるに伴って呼び覚まされる深みを示します。私たち一人ひとりは、肉体という農密度のものの内側にあって、壊れやすいクモの糸のような光のビーイングです。しばしば私たちは自分の肉体に無理を押し付けます。その努力の中で私たちが自分の傷つき易さを感じるとき、クモの糸が縮んゆくのを感じます。しかし、困難さが表面化され剥きだしにされたと感じるとき、実はそれらは癒されることを求めているのです。究極的には、それらは私たちの大きな強さを示します。

107の数秘的側面をみると、テストの感覚があります。それは、カルマのパターンに関連するテストです‐B10/運命の輪、B7/ゲッセマネの園、信頼の最後のテスト。B10はカルマの種と私たちが蒔くものの結果についてであり、B7は私たちが種を蒔くに伴う私たちの機会を最大限に拡大するテストとして常にあります。この2本のボトルとその理解が、グリーン/バイオレットの吟遊新人で一緒になるとき‐B17 (10 + 7)、B106の色、ミスティペールオリーブ/ミスティライラックが連想され、控えめの光B106から、B107の魂を呼び覚ますイルミネーションのターコイズへの移行がみられます。吟遊詩人は、B95、大天使ガブリエル、スターのメッセンジャーのアウトワード・ジャーニーのボトルです。これは私たちにソウルスターとインカーネーショナルスターとの関係を思い出させ、私たちが自分の前にあるものを通して自分の上にあるものを引き寄せることを許します。条件付けられたパターンの情報、エネルギーそして原材料が、私たちの内なるゴールドに向けて変容を開始する必要を示します。

私たちには、私たちのビーイングの濃密な物質的側面に同一化する傾向があるため、ツァフキエルは神聖なる母として、私たちが肉体という化学要素から光の身体を成長させるのを、慈愛をもって助けるためにやってきました。私たちは、内側と上側にある魂に関連して応答するために必要な「光のサポート」を提供されたといえます。私たちがより内奥にある世界に拘わるに伴い、ソウルスターのエネルギーの存在が私たちの肉体に引き寄せられ近づきます。私たち人類の「低次元の気質」は、私たちの内側で人間と神性が交じり合うことで変容されます。私たちが誰なのか、何をするためにここにいるのか、その全体性に光が当てられ表現されるにつれて、私たちは究極的に「光の寺院」となります。

もし真実が私たちの目的の「何」であるならば、愛は、私たちの真実がどのように表現されるかを照らす「道」と言えるでしょう。ツァフキエルは、私たちが自分の使命と目的を誕生させ、それらへの整列を加速することを助けるためにやってきました。変化と喪失は私たちが何か新しいものを取り入れるために、急速に空間を作ります。私たちが、ライオンハートを持つようになるに連れて、困難や出来事や状況に抵抗するのではなく、それらを許す勇気を持つとき、私たちはそれらを、新しい生命が出現する前に起きる必要なエネルギーの縮小とみなすようになります。そして、真に私たちに準備ができたとき、なんでもないことが突然自然に起こり、素晴らしい出会いや機会に導かれるかもしれません。その出会いや機会は、あたかも未来が予知して、今までの人生全体を準備期間として、私たちのこの瞬間のために用意したかのようです、そして、私たちの創造性と人生の経験の全ての要素が結びけられたようです。このことが起きるに連れて、ツァフキエルは私たちが古いカルマのパターンや、人生の目的を達成するために押したり引いたりする意図的な努力から、そっと抜け出すことを助けるでしょう。私たちが状況に同一化しすぎたり疲労したとき、自分の大いなる目的の視野を失ったとき、B107のターコイズのレスキューの側面は、展開の恩恵と成就への流れに単に私たちが一歩踏み出すことを許すその素晴らしさに、私たちを誘うでしょう。

B107の数秘的側面は、私たちの個性化に関連したターコイズのレスキューの側面をさらにハイライトします。B107は単数の8となり、発現に対する数字上の関連です。そして、8はオーラソーマ®(光の身体)システム全体に関係することを忘れてはなりません(オーラソーマの文字を数字に変換すると単数の8になります)。B8(アヌビス)は、ビーイングの軽やかをはかるためにハートが羽に対して秤にかけられる話につながります。この話が示すように、愛が私たちを駆り立てるとき、人生を飛ぶような、「空中に浮かぶ」ような感覚で物事が進むことがしばしばあります。傾聴されなかったり表現されないハートは重く、羽が縛られたようになります。ツァフキエルは、私たちの人生の選択においてどれだけハートに留意するかを決定する、愛と真実への問いかけを表面にもたらします。私たちは自分のすることを愛しているでしょうか、それとも自分の愛すること以外のことをしているでしょうか。あるいは自分自身を愛していないために自分のすることに愛をもたらせないでいるでしょうか。

自分のすることをどのようにするかということを通してハートが愛の表現に戻ることを私たちが自分自身に許すこと、ツァフキエルは神聖な母として、そうしようとする私たちを慈愛と保護を持ってサポートするために現れました。このサポートは、B86のクリアー/ターコイズのコンビネーションによってもたらされます。これは8のリターン・ジャーニーで、デヴァと妖精界の女王、ティタニアに関連します。ティタニアの話「誤りの愛から解放され自分の真のフィーリングを思い出す」は、自分にとって大切な人生、自分のユニークなビーイングと目的を全的に表現する人生を創造するために、自分のハートに横たわる愛と真実の「カラーコード」を活性化することを奨励します。これを助けるために、羽を持つティタニアのデヴァの世界は、地球に天界からメッセージをもたらすために、天使界と私たちの媒体となることを提供します。このようにして、私たちの個人的そして集合的な肉体であり、且つ私たちが生存する惑星である地球が癒され、人間界とデヴァ界の交流がもたらす共鳴と認識によって進化するかもしれません。この交流をサポートすることも、ツァフキエルの使命の一部です。

ツァフキエルは、ミルラのエッセンシャルオイルを含む最初のボトルです。今月は、ずっと昔の出来事、キリストのスター誕生の到来を歓迎し新しい神聖な光の誕生を回想する月です。矛盾するようですが、ミルラは昔からお葬式の準備に関係し、誕生したイエスへの3つの贈り物の1つがミルラでした。これは、キリストが肉体として誕生したことによって、「古い契約」から「新しい契約」へと人類が移行を始めたという考え方に関連があります。人類を古い自滅的なパターンに留めさせた教義と法律を究極的に超越する愛の誕生。新しい誕生は、かつてあったものの死とそれによって、新しく生まれるものを示すといえます。ミルラの抗菌性は、微細なエネルギーをサポートし、私たちが現世において自分の永遠なる全体性を生みだし始めるにつれて、それを妨害しようとする社会的構成や操作に対するサポートでもありえます。

滋養と保護のために最も深い神聖な女性性の側面を表現するツァフキエルのエネルギーには、無理な努力はありません。私たちを通して内側に常に生まれる、アイアムの生そのものの表現として許し受容すればいいのです。それは、この地球上での日々と夢の中で私たちが、這い、歩き、飛び跳ねるとき、ハートの叙情と目的に満ちた歓びの歓声で大きな声を上げて生きる愛です。私たちの最も貴重な生得権である愛それ自身を侵害する恐れや、不本意さ、恥や、無価値感に対して、力む必要がなくなったときに自然に表現される、ビーイングの軽やかさの愛なのです。今はまさに、ビーイングネス(Beingness)にある愛の特別でユニークなヒューが現れるときです。それは、私たち全ての十分な愛と真実を必要とするこの世界に、私たちが輝かせるためにやってきたものです。

愛と光を込めて
マイク・ブース - テラ・コックスへの感謝と共に



福岡・天神でオーラソーマ、パステルアートスクールフォー・カラー  


Posted by フォーカラー at 00:24Comments(0)お知らせ

2009年12月15日

B107誕生

B107  Archangel Tzaphkiel

この度オーラソーマより新ボトルが誕生いたしましたface03

詳細は下記の通りですicon12

日本語訳に関しましては、後日お知らせいたします。

また、新ボトル(B107)のご予約も承り中ですface02

ご希望の方はTELにてご予約下さい(092-731-1619)


福岡・天神でオーラソーマ、パステルアートスクール
フォー・カラー

Archangel Tzaphkiel
B107 - Opalescent Turquoise/Deep Magenta
Born - 14th December 2009 at 11.00am


The deeper aspects of the Divine Feminine
The watery aspects of the whole of Creation
Dwelling within Binah on the Tree of Life
Ruler of the order of the Angels called Aralin
Guardian of the Akashic Chronicles and their mysteries
The holding of an eternal ocean of compassion
The deeper aspect of intuition, the inner tuition of the heart
The overcoming of obstacles and the healing of strengths
An invitation to inner disarmament in order to reveal the True Gold
The death of what was and the purification of Myrrh
A love that asks us not to "get out of the Way,"
but to become the Way
A glimpse, and a call, from deeper realities and dimensions
An expansion of personal individuation into the collective
Through this bottle She comes to protect the light workers in the temples of their bodies



Dear Friends,

The birthing of TZAPHKIEL commenced on the 19th November, the morning after Linda Tucker and I completed the White Lion Aura-Somaョ workshop at Dev Aura. In the birthing processes of the Equilibrium bottles, it has been the longest we have experienced so far. When the understanding was given that the birthing would be complete on the 14th December, we realised that this day also corresponds in the Angelic realm to the Angel Ariel, whose name means "Lion of God." In addition, the function of Ariel as "perceiver and revealer of Divine mysteries" further relates to TZAPHKIEL as guardian of the Akashic Records, also called the Book of Life, in which the story of each soul is said to be written. TZAPHKIEL is offering us access to the ancient-future mysteries of Love and Truth so that more of the totality of who we are might become manifest in our present lifetime. As we progress from the energies of B106 to B107, we are approaching the end of a long tunnel that has been filled with shadows. As the new light of personal and interpersonal harmony dawns, we can begin to see the peace that beckons to us from the spaciousness of a transformed future.

Since 14 December corresponds to the heart influence of Ariel, the connection between the Lion and Ariel (which relates to B23 of the Equilibrium bottles) with the emergence of TZAPHKIEL suggests that what comes to us through the birth of B107 is the power and purpose of a compassionate Lion-Hearted Love -- a love come to alchemize us further toward the golden-beingness of personal and collective individuation. Thus, TZAPHKIEL invites us to expand the feeling of love into the purpose and commitment of love. This expanded love holds an ocean of compassion in which we may bring all we have ever been into reconciliation and harmony with all we might become. It is a love that asks us not to get out of the way, but to become the Way. It is a love with the presence to not only energize the little things in our daily activities -- events, encounters and the why and how of what we do -- but also to propel and expand our personal individuation into collaboration with the individuations of those around us, and ultimately to all in the evolution of the collective Earth-Heart.

In our personal journey of individuation we often respond from the mental plane rather than listening more to the star within, the shining essence of our being which speaks to us an "inner tuition" ever reminding us of who we are. As we go along in a direction where decisions are made and perceptions understood mainly from the intellect, the inner light may seem to dim. Thus when we sense a "call" from a more profound level or dimension, at first we may feel an uneasiness or anxiety. The Deep Magenta in TZAPHKIEL is the depth that is being stirred as the soul asks us for deeper acknowledgement. Each of us is a gossamer light-being, fragile within the density of our physicality. We often push at our physicality too hard, and in our striving the gossamer may seem to shrink as we begin to feel our vulnerabilities, which we can mistake for weaknesses. However, when difficulties surface and give us a feeling of being over-exposed, they are actually asking to be healed, and ultimately revealed as our greatest strengths.

When we look at the numerical correspondences of 107, we are given also the sense of a test -- a test in relation to the karmic patterns of B10, the Wheel of Fortune, and B7, the Garden of Gethsemane, the final test of faith. B10 is about the karmic seeds and the consequence of what we plant, and the 7 is the test which is always amplified to maximise our opportunity as we plant the seeds. When these two bottles or understandings come together in the Green/Violet of the Troubadour, B17 (10 + 7), then we are reminded of the colours of the B106, Misty Pale Olive/Misty Lilac, and we see the progression from the muted light of B106 to the soul-stirred illumination of the Turquoise in B107. The B17 Troubadour bottle represents the outward journey of B95, Archangel Gabriel, messenger of the star. This reminds us of the soul/ incarnational star connection that enables us to bring down that which is above us through that which is before us: the information, energy and raw materials of the conditioned patterns needed to commence the transmutation toward the gold within us.

Since we tend to identify more with the dense material of our being, TZAPHKIEL as the Divine Mother comes in compassion to help us birth the light body from within the chemistry of our physical bodies. In this way we are offered the "light-support" needed to respond to the soul-stuff within and above. As we engage the deeper within-realms, the energetic presence of the soul star above us is drawn closer to our physicality. The "base mettle" of our humanity is transformed by the commingling of the human and the divine within us. We ultimately become "temples of light," as the fullness of who we are and what we are here to do is illuminated and expressed.

It might be said that if Truth is the "What" of our purpose, then Love is the "Way" which can illuminate how our Truth is to be expressed. TZAPHKIEL comes to help birth and accelerate us into alignment with our mission and purpose. Change and loss are experiences that create space in us quickly for the taking in of something new. As we become lion-hearted, with the courage to allow rather than resist difficult events or circumstances, we begin to see them as the contraction of energy that necessarily occurs before the bursting forth of new life. And when we are truly ready, some ordinary event will suddenly -- and yet naturally -- occur, leading to a remarkable encounter or opportunity that will seem to draw together all the elements of our creativity and life experiences as if we had been prepared our whole lives for this moment by some prescient future. As this occurs, TZAPHKIEL can help to ease us out of old karmic patterns as well as the contrivances of effort - the pushing and pulling at life to achieve this thing or that. Where we have become over-identified and fatigued by circumstance -- losing sight of our bigger purpose -- the rescue aspect of the Turquoise of B107 invites us into the grace of unfoldment and the wonder of allowing ourselves to simply step into the flow of our fulfilment.

The numerology of B107 further illuminates the rescue aspects of the Turquoise that are related to our individuation. 107 reduces to the single digit 8, the numerical correspondence for manifestation, and we must not forget that this is connected to the whole of the Aura-Somaョ ("light-body") system (the letters of Aura-Soma numerically correspond to 8 as well). B8 (Anubis) relates the story of how the heart is weighed against the feather for lightness of being. As this story affirms, when love propels us we often move through our lives with a sense of flying or "floating on air." A heart that is not heard or expressed becomes heavy and wing-tethered. TZAPHKIEL calls forth the questions of Love and Truth that determine how much our hearts are heeded in our life choices: Do we love what we do, or are we doing something other than what we love, or are we unable to put our love into what we do because we are out of love with ourselves?

TZAPHKIEL therefore comes as the Divine Mother to support us with compassion and protection so that we might allow our hearts to return to expressing love through what we do and the way in which we do it. This support is offered in the Clear/Turquoise combination of B86, which is the return journey of the 8, relating to Titania, the Queen of the devas and the fairy realm. Titania's story of "release from misplaced love to a remembrance of her true feelings" invites us to activate the "colour code" of Love and Truth residing within our own hearts to create a life that matters -- a life that is utterly expressive of our own unique being and purpose. To help us with this, Titania's winged devic realm offers to be our intermediaries to the angelic realm in order to bring messages from above to the Earth plane. In this way, the Earth of our personal and collective physicalities, as well as our planetary dwelling, may be healed and evolved by the resonance and acknowledgement that human interaction with the devic world brings. Supporting this interconnection is also part of the mission of TZAPHKIEL.

TZAPHKIEL brings the first bottle to contain the essential oil of myrrh. This month commemorates the long-ago birth of a new Light of the Divine, heralded by the Nativity Star of the Christ. Paradoxically, myrrh -- long associated with funeral preparation -- was one of the three gifts given to the newborn Jesus. This correlates with the concept that the birth of the Christ in physical form began mankind's transition from the "old covenant" to the "new covenant" -- as the birthing of a Love that would ultimately transcend the aspects of dogma and law that held humanity in old Self-defeating patterns. Thus, a new birthing may be said to signify the death of what was so that what will be can be born. Myrrh's anti-microbial properties also suggest a support against subtle energies, as well as societal constructs and manipulations, which can sabotage us as we begin to birth more of the eternal totality of ourselves into the present life.

This energy of TZAPHKIEL, expressing the deepest aspects of the Divine Feminine to nurture and protect, does not have to be pushed or pulled, but rather allowed and accepted as an expression of the I AM of Life Itself ever-birthing within, through and as us. On the outside, it is Love living out loud with lyricism of heart and a joyful roar of purposefulness as we crawl, walk, leap and fly through our days and dreams upon this Earth. It is Love with the lightness of being that is so naturally expressed when it no longer has to strain against fear, unwillingness, shame or feelings of unworthiness that usurp our most precious birthright, which is to be Love Itself. This is indeed the time of emergence for the particular and unique hue of Love-in-Beingness which each of us has come to shine forth into this world, a world which so needs the full Love-and-Truth of us all.

In Love and Light
Mike Booth, with thanks to Terah







  


Posted by フォーカラー at 17:39Comments(0)お知らせ

2009年12月11日

勉強会

2009年!!今年最後の勉強会が無事終了いたしましたface02

ご参加いただいた皆様、有難うございましたicon97


久々にお会いする方もいらして、とても楽しい時間となりましたicon114


今日はバースナンバー、イヤーズナンバーをアストロジーチャートに合わせて2010年をみんなでシェアしましたicon64

来年は一歩踏み出して行くエネルギーを持った方が多くいらしたみたいですicon100


セミナー後はみんなで楽しくカフェタイムicon137

今回は、おにぎりやコロッケ、手作りワッフルやフルーツを囲んでミニパーティーもface05

いろいろと話が弾み、皆さん帰りが遅くなったのでは・・・icon10

でも本当に楽しかったicon12

来年の勉強会でまたお会いしましょうねface02

皆様に感謝icon97




福岡、天神でオーラソーマ・パステルアートスクールフォー・カラー
  


Posted by フォーカラー at 23:55Comments(0)セミナーレポート

2009年12月09日

九州初!チャクラティーセミナー開催

オーラソーマから発売となりましたチャクラティface02

発売を記念いたしまして、九州初icon67チャクラティーセミナーを開催いたしますicon67

講師を務めていただくのは、オーラソーマチャクラティーを監修された高木君与先生ですicon97

高木先生は薬剤師であり、漢方や薬膳のスクールを主催されていますicon12

今回のセミナーでは、チャクラティーの種類、効能に加え、ハーブティーの美味しい飲み方、ハーブの保存方法など、知っているようで知らないことを教えていただきますface02

また、症状別(冷え性、肌トラブル、むくみetc)の改善、身体からのSOS対処法などハーブを通して様々な内容を学びます。

オーラソーマを知らない方でも、ハーブに興味のある方、体調を改善されたい方など、どなたでも受講することが出来ますicon65

ぜひ、皆様ご参加下さい。


日時:2009年12月27日(日) 10:30~18:00

受講料:15.000円(教材費・昼食付) 
     *当日はチャクラティーを飲みながら薬学的効果をまなびます。

会場:フォー・カラー福岡セミナールーム 1Fコミュニティールーム

定員:20名まで(会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきます)

参加申込:TELにてお申し込み下さい(092-731-1619)


今回、セミナーに参加された方だけの特典もございますicon59
詳細はお問い合わせくださいicon59



福岡、天神でオーラソーマ、パステルアートスクールフォー・カラー  


Posted by フォーカラー at 11:00Comments(0)お知らせ

2009年12月06日

勉強会のご案内

今月のオーラソーマ勉強会は12月11日(金)に開催いたしますface02

今年最後の勉強会は、フォー・カラーからのクリスマスプレゼントとして、軽食&デザートをご用意しておりますface05


オーラソーマを通して1年間を振り返り、また、新しい2010年に向けての目標を見つけていきましょうicon12

ぜひ、皆様ご参加くださいねicon67


会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきますicon10

必ずご予約をお願いいたしますicon64


皆様にお会いできるのを楽しみにしておりますicon114



福岡・天神でオーラソーマ、パステルアートスクールフォー・カラー  


Posted by フォーカラー at 23:02Comments(0)お知らせ

2009年12月03日

オーラソーマコース

今日はオーラソーマレベルⅡのコースface02

今回のグループはみんな仲良しで、楽しく笑い声が絶えませんface05

今日は「数秘」

選んだボトルやバースボトルなどをもとに数の意味をひも解いていきますicon97

ちょっぴりレベルⅢの生命の木の情報も入りつつ・・・みんなでそれぞれのボトルを分析していくと、「なんでそんなに心の奥の深い所まで読み取れちゃうの~」と言われる方もあり、新しい発見!発見!!の連続でしたね!

とってもステキな授業でしたicon06



本日のデザートは期間限定で出ていた不二家のペコちゃんface03

「ミルキーロールケーキ」ですicon12



このラッピング可愛いでしょ~icon102

ケーキはこんな感じですicon14



なかなかの好評でしたicon22




また次回のセミナーでお会いできるのを楽しみにしてますicon64





福岡、天神でオーラソーマ、パーソナルカラースクールフォー・カラー




  


Posted by フォーカラー at 22:22Comments(0)セミナーレポート